オプションパーツがプラスになる場合−中古車査定サイト☆
オプションパーツがプラスになる場合


 売ろうとしている車にオプションパーツがある場合は、高額査定につながる場合があるので、査定時に準備しておきましょう。

 オプションパーツとは、メーカーオプション(純正品)、ディーラーオプション、社外品などを言います。
 基本的にメーカーオプション(純正品)、ディーラーオプションは、エアロパーツなどの外装系パーツ、ハンドルなどの内装系パーツなど、どんなパーツでもプラス査定に繋がる可能性が高くなります。

 また社外品であっても有名メーカーのパーツなどであれば、それなりの評価が得られることもあるようです。
 但し、オプションパーツでプラス査定が望めるのは買い取り専門店のみと考えた方が良いでしょう。 ディーラーではほとんど評価してもらえないのが現実のようです。


Copyright(C) 2009
中古車査定サイト

オプションパーツがプラスになる場合−中古車査定サイト☆
[PR]