オプションパーツがマイナスになる場合−中古車査定サイト☆
オプションパーツがマイナスになる場合


 メーカーオプション(純正品)、ディーラーオプション、社外品などのオプションパーツは買取り専門店ではプラス査定になる場合が多く期待できます。
 ところが、どんな場合でもプラスになるかと言えば、そういうわけではありません。

 特に注意が必要なのが社外品パーツです。
 社外品パーツには、例えばエアロパーツ、アルミホイール、サスペンション、マフラー、スポーツシート、ハンドルなどがあります。 自分で取り付けた社外品パーツにはそれぞれ好みがあるので、パーツを付けることによって車の需要が下がってしまう可能性があります。
 そのためプラス査定どころかマイナス査定になってしまう恐れもあるのです。
 取り外した純正品がある場合は、忘れずに持参しましょう。


Copyright(C) 2009
中古車査定サイト

オプションパーツがマイナスになる場合−中古車査定サイト☆
[PR]