社外品パーツは外しておくのも手−中古車査定サイト☆
社外品パーツは外しておくのも手


 社外品のオプションパーツがあることによって、プラス査定が望めない場合、またはマイナス評価になってしまいそうな場合は、思い切って取り外しておくのも高く売るためのポイントとして有効な方法です。

 但し、取り外しの際に車両本体を傷つけてしまわないように細心の注意が必要です。
 そして社外品パーツを付ける前の純正品が手元にある場合には、戻しておいた方が良いでしょう。

 取り外したパーツですが、パーツ専門ショップに売却する方法、ネットオークションに出品し売却する方法、自分の手元に残しておいて新しく買い替える車に使用する、などの方法があります。

 どの方法が1番お得になるのか考えた上で、車からパーツを取り外して売却する方法を取るのも良いでしょう。


Copyright(C) 2009
中古車査定サイト

社外品パーツは外しておくのも手−中古車査定サイト☆
[PR]